注目の女優『萩原みのり』の、画像で見る主なドラマや映画作品。

女優

2020年の10月までに、この年だけで6本の映画に出演している、女優、萩原みのりさん。現在(2020年)23歳の萩原みのりさんは2013年に、テレビドラマ『放課後グルーヴ』のオーディションに合格したことで女優デビューをしました。

デビューして7年。この2020年に出演した映画は、公開規模は大きくありませんが、質の高い作品で、助演的な役が多いですが、演技の評価がとても高く、映画ファンの注目を集めています。

2020年だけで6本の映画に出演ってすごいですよね!!一気に注目度が上がっています。

そんな萩原みのりさんのこれまでの主な出演ドラマや映画を画像と共にお届けします。

スポンサーリンク

萩原みのりの画像で見る主なドラマや映画作品

実際、芸能界へ入ったきっかけは、地元の名古屋でスカウトされたことでした。

幼少期から新体操をやっていた萩原みのりさんはプロの新体操選手になるのが夢でした。中学も新体操の強豪校へと進学しましたが、体を壊して夢を諦めていた時のスカウトでした。

女優デビューはドラマ【放課後グルーヴ】2013年(16歳)

『放課後グルーヴ』のオーディションに合格した萩原みのりさん。ここで女優デビューを果たします。

ダンスレッスンの帰り道、居眠り運転のダンプカーに撥ねられ、車椅子生活を余儀なくされ不登校になってしまう本田千夏役を演じました。

今はショートヘアがトレードマークとなった萩原みのりさんですが、ロングヘアはとてもレアな感じがしますね。

テレビドラマ【表参道高校合唱部】2015年(18歳)

こちらは、芳根京子さん主演のドラマで、今をときめく、志尊淳さん・高杉真宙さん・森川葵さん・葵わかなさん・杏花さんなどと共演しました。

クラスでは根暗だけど、合唱部員の前ではお喋りな性格になる佐々木美子役を演じました。

映画【お嬢ちゃん】2018年11月(21歳)

萩原みのりさんが役者で生きていく決意の作品となった映画、お嬢ちゃん。

この映画に出演するまで、いろんな薄っぺらさに嫌気がさして、周りのことも自分のことも大っ嫌いで、役者を辞めることばかり考えていたそうです。

そんな頃、二ノ宮隆太郎監督と出会い、「萩原みのりさんの魅力を表現したい。萩原みのりさんのための映画です」と言ってもらえたそうです。また“みのり”役だったということ、楽しく演技ができたこと、完成を観たときも、「私はこれからも映画のスクリーンに映っていたいな。。」と思ったそうで、“役者で生きていくという決意の作品”となりました。

この作品に出会わなかったら、萩原みのりさんは女優を辞めていたかもしれないんですもんね。

運命の作品との出会いがあって本当によかったですね!

BSスカパー【I”s】2018年12月(21歳)

BSスカパーで漫画を連続ドラマ化したものに出演しました。

高校を舞台として恋愛漫画をドラマ化したもので、主人公の男の子と海辺で出会ってから、付き合っていた男と別れてまで一途に想い、彼の為ならどんなことでもするという積極的な女の子、磯崎泉役を演じました。

スポンサーリンク

ドラマ【Memories~看護師たちの物語~】2020年10月(23歳)

2年目の看護師役を演じた萩原みのりさん。

こちらは、公益社団法人日本看護協会、厚生労働省が主催する「看護の日」制定30周年を記念して作られた特別ドラマとなっていて、看護師はスーパーヒーローのようなイメージがあったけど、看護師も人として当たり前に悩むし、壁にぶつかることがわかった・・と演じた萩原みのりさんがコメントしています。

全国から寄せられた看護にまつわるエピソードを1話5分、全26話のミニドラマで作成されました。

まとめ

2013年に女優デビューした萩原みのりさんが、2020年だけで6本の映画に出演するという快進撃を続けています。

途中で役者を辞めようと思った時期もある萩原みのりさん。それでも運命の作品との出会いで、役者を続ける決意をし、2020年だけで6本??そんなことある!?というくらい、出演しています。

主役というより、助演の方が多いですが、主役を際立たせるには助演の名演技が必要ですからね。そこを評価されなければ、こんなに多くの作品に出演することはできないでしょう。

萩原みのりさんのチャームポイントはやっぱり力強い目ヂカラでしょう。キリっとした大きな目に、女優として邁進する決意を感じます。これからもどんどん飛躍して、また「お嬢ちゃん」のように、主役で映画の大きなスクリーンに登場するのも間もなくだと感じます。

これからもその大きな目ヂカラのある力強い目と、誰もを惹きつける素敵な演技で多くの人を魅了してほしいと思います。

これからの益々の快進撃に期待しています!

スポンサーリンク