『エール』に出演、海宝直人って誰?どんな人?経歴と出演作品を紹介!

俳優

朝の連続テレビ小説『エール』にも出演し、2021年1月に東京の日生劇場で上演される予定だった『The illusionist-イリュージョニスト-』で、主演を務めるはずだった三浦春馬さんの代わりに主演のアンゼンハイム役に抜擢されたミュージカル俳優、海宝直人(かいほう なおと)さん。

海宝直人さんってどんな人?

経歴と出演作品をまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

『エール』に出演、海宝直人って誰?どんな人?

朝の連続テレビ小説『エール』で、オペラ歌手・伊藤幸造役を演じている海宝直人さん。朝ドラは今回が初出演。元々ミュージカル俳優として活躍されているので、歌唱力は抜群!そんなエールに出演の海宝直人さんがよくわかる動画がこちら。

https://twitter.com/asadora_nhk/status/1323766033249931269

さすがです!すごい声量ですね!!

海宝直人さんの経歴と出演作品を紹介!

海宝直人さんは、3歳年上の姉、現在もミュージカル俳優として活躍している海宝あかねさん弟で、お姉さんの影響でミュージカル俳優になったという経緯の持ち主です。

2歳か3歳くらいの頃から舞台裏で遊んでもらったり、家でもお姉さんとミュージカルごっこをしたりして、自然とミュージカルに触れる環境で育ったそうです。

デビュー作はミュージカル『美女と野獣』のチップ役

デビューは7歳の時に、劇団四季ミュージカル『美女と野獣』のオーディションに受けて合格して出演しました。(1996年~1998年)

その後、1999年~2001年には、同じく劇団四季ミュージカル『ライオンキング』の初代ヤングシンバ役を演じました。

海宝直人さんは、1988年7月4日生まれの現在(2020年)32歳。実はすでに芸歴25年の大ベテランということになります。

その後も次々と数々の作品に出演していく海宝直人さん。

数え切れないほどの作品に出演されていますが…抜粋して・・・

  • 2008年 ミスサイゴン ジェイソン・グリーン役
  • 2009年 ココスマイル6 有野淳平役
  • 2010年 ファントム フィリップ・シャルドン伯爵役
  • 2011年 POSTMAN THE MUSICAL 眞人役 マルコ役
  • 2012年 二十四の瞳 岡田磯吉役
  • 2013年 Second of Life 作曲家役
  • 2014年 フル・モンティ キーノ役
  • 2015年 レ・ミゼラブル マリウス役
  • 2016年 劇団四季「ライオンキング」 シンバ役

ここでは、1999年にヤングシンバ役をやって以来、16年ぶりに主演シンバとして戻ってきた海宝直人さん。ヤングシンバ役をした俳優がシンバ役で同じ作品に戻ってくるのは初めてのことで話題となりました。

  • 2017年 ポストマン 眞人役、マルコ役
  • 2018年 劇団四季「アラジン」 アラジン役
A Whole New World (from "I wish. I want. -Naoto Kaiho sings Disney")

こちらはミュージカルに出演しているものではありませんが、アラジンの“A Whole New World”を歌う海宝直人さんが見られます。世界に惹きこまれていきますよ。ぜひご覧ください。

  • 2019年 レ・ミゼラブル マリウス役
  • 2020年 ミス・サイゴン クリス役(出演予定でしたがコロナウイルス感染拡大で公演中止)

など、本当に数え切れないほどのミュージカルに出演し、活躍されています。

人生の分岐点は2008年の『ミス・サイゴン』

大学受験の時期に『ミス・サイゴン』のオーディションに挑戦。この時に、ミュージカルへの道へ進む決断をした海宝直人さん。

小学生時代からミュージカルが学校よりも身近な存在としてあったというのがすごいですよね。幼少期からずっと音楽に触れて育ち、「ミス・サイゴン」に出たいと思った時が「この道で行く」という決断になったそうです。

まとめ

朝ドラ『エール』に出演している海宝直人さんは、ミュージカル俳優として大活躍されている俳優さんでしたね。

本来なら2021年1月に東京の日生劇場で上演される予定だったミュージカル「The Illusionist-イリュージョニスト-」に三浦春馬さんと出演予定でしたが、2020年7月に亡くなられた為、改めて、海宝直人さん主演で上演されることが発表されました。

三浦春馬さんと一緒にワークショップに参加していた海宝直人さんは下記のようにコメントしています。

この作品に並々ならぬ努力と情熱を注いでいた春馬さんの想いも胸に、カンパニー一丸となって、この作品を最高の形で皆様にお届けできるよう全力で作品と向き合っていきたいと思います。

これまでの多くの経験と、三浦春馬さんへの想いをもって、きっと素晴らしい作品にしてくださると思います。

みなさんで応援しましょう。どんな作品になるのか楽しみですね!これからの海宝直人さんの活躍がとても楽しみです!

スポンサーリンク