松本潤、2023年大河ドラマ主演決定!そもそも大河ドラマって何?

俳優

ジャニーズグループ『嵐』は、1999年から2020年まで21年間活動し、2020年12月31日で活動休止となりました。グループ1人1人が新たな道へ進みだし、ファンが個々の活動を見守る中、2023年のNHK大河ドラマ『どうする家康』に松本潤さんが主演と発表がありました。

活動休止後の大きな活動の発表となり、ファンは歓喜の渦に包まれています。ただNHK大河ドラマに出演おめでとう!!という方の中には”大河ドラマ見たことないけど、松本潤くんが出るなら絶対観る!!”という方もいらっしゃるようです。

大河ドラマに主演で出演するとはどれくらいすごいことなのか・・・など、そもそも大河ドラマって何?ということをまとめてみたいと思います。大河ドラマがより楽しめるようになったら嬉しいです。

スポンサーリンク

松本潤、2023年大河ドラマ主演決定!

松本潤さんが2023年のNHK大河ドラマ『どうする家康』に主演決定と発表がありました。

嵐のファン、そして松本潤さんのファンが松本潤さんとしての活動開始の発表に歓喜の声で溢れています。

https://twitter.com/bon_voyagears/status/1351457673334538242

2023年というとだいぶ先の話なんですが、今から楽しみ!!という声が多く出ています。そんなみなさんのコメントを見てて思ったことが、「大河は観たことないけど観るよ!」といったご意見。大河ドラマに出演とはどれほどすごいことなのか・・・をお伝えしますね。

そもそも大河ドラマって何?

『大河ドラマ』は、1963年(昭和38年)から放送されているNHKのテレビドラマシリーズで、略称で『大河』と言われています。

NHK、また日本のドラマの代表格で、毎週日曜日の夜、1回45分枠で1年間(50回前後)放送されます。

※ちなみに、NHK朝の連続テレビ小説は、週5話、1回15分枠で半年間(26週130回前後)放送されます。

原則1年に1作品で、1月初回~12月最終回となっています。通常は主役さん級の俳優さんや女優さん主演することが多いですが、中には新人俳優が抜擢され、一躍人気スターになった作品もありました。今では知らない人はいないという俳優さんが、実はNHK大河ドラマから有名に・・・それは例えば・・・(敬称略)

  • 役所広司
  • 渡辺謙
  • 北村一輝
  • 山本耕史
  • 堺雅人などなど・・・

1年間毎週日曜日に大好きな役者さんが観られるんですよ!嬉しいですよね。それでも出演する役者さんたちは大変だといいます。そりゃそうですよね。。。

作品の内容は、日本史上の人物の生涯を描くものがほとんどとなっています。

スポンサーリンク

大河ドラマのオープニングテーマ曲は原則オーケストラ

大河ドラマが始まると、まずはオープニングのテーマ曲が流れます(約3分)。こちらは、原則オーケストラ(NHK交響楽団)により演奏されるオリジナル曲となっています。

こちらは福山雅治さんが主演した「龍馬伝」(2010年)のテーマ曲。このようにまずはオープニング曲が流れます。松本潤さんの『どうする家康』はどんな曲なんでしょうか。こちらも楽しみにしたいと思います。

大河ドラマのタイトルは手書き!

オープニングで最初に出るのは演者ではなく、題字!しかもタイトルは原則手書きとなっています。言われてみれば・・・という感じですよね。

こちらは先ほどのオープニング曲でもご紹介した福山雅治さん主演の『龍馬伝』(2010年)の題字。書かれたのは【紫舟(ししゅう)】さん。

こちらは井上真央さん主演の『花燃ゆ』(2015年)の題字。書かれたのは國重友美さん。

こちらは、長谷川博己さん主演の『麒麟がくる』(2020年~2021年1月)の題字。書かれたのは中塚翠涛(なかつかすいとう(女性))さん。

どの作品も本当に味があって素敵ですよね!

大河ドラマに主演する役者さんは紅白歌合戦の審査員に!

放送開始直前のNHK紅白歌合戦には、主演俳優はほぼ必ず出演します。ほとんどはゲスト審査員としてですが司会者の適任者がいないときには司会になることも。。。

これまで松本潤さんは、歌手としても、司会としてもNHK紅白歌合戦に何度も出演してきましたが、ということは・・・2022年の紅白歌合戦には審査員として登場するということですね!これまた楽しみが増えました♪

大河ドラマに出演する役者さんは節分の豆まきへ!

毎年恒例なのが、成田山新勝寺で節分の豆まきの来賓ゲストとして出演することです。

こちらは2020年の大河ドラマ『麒麟がくる』に出演の長谷川雅己さん。でもコロナ渦ではこんなシーンもまだしばらく見られなさそう・・・。

でも松本潤さんが豆まきをするとしたら2023年の2月!その頃には収束していることを願いましょう!!

大河ドラマの制作費は?

こちらはセットなどの美術費がほとんどですが、6000万円~6500万円と言われています。。。こんなにかけて制作しているんですね。

松本潤さん、時代劇の経験は?

松本潤さんは、時代劇の経験があります。2019年に、深田恭子さんと共演し、NHKドラマ『永遠のニシパ~北海道と名付けた男 松浦武四郎~』(北海道150年記念ドラマ)に出演しました。

「この男がいなかったならば、北海道は生まれなかった」幕末の大探検家にして北海道の命名者である松浦武四郎役を演じました。

北海道が誕生するまでの知られざる格闘の人生をドラマ化したものでした。まさに松浦武四郎なくして今の北海道を生まれなかったと言われる偉人のお話です。

人生初のちょんまげ姿を披露しましたね。今度は徳川家康役。どんな姿で登場してくれるのかこちらも楽しみですね!

まとめ

2023年にNHK大河ドラマ『どうする家康』に主演することが発表された松本潤さん。嵐としての活動休止後の初の活動発表だったので、ファンの喜びの声で溢れています。

2023年に毎週日曜日に1年間、松本潤さんの演技が観られますよ!楽しみですね!

でも・・・大河・・大河・・・とニュースで流れていますが、若い世代の方には特に、そもそも大河ドラマって何?という方もいらっしゃるかと思います。

このニュースが大きく取り上げられたということは大きな意味があるんです。大河ドラマに出演するってすごいことなんです。そんなことがお伝えできたらと思います。

まだまだ先だなぁ・・・と思っていてもすぐ来ますよ!これから松本潤さんは長丁場の撮影に入ることでしょう。。。私たちは楽しみに、そして松本潤さんを応援しましょうね!

楽しみにしています!松本潤さん!

スポンサーリンク