宮世琉弥の読み方は?M!LK(みるく)のメンバーだったの?

俳優

ドラマ「恋する母たち」に出演している、俳優、宮世琉弥さん。母を守るかっこいい息子役が話題となり、注目が集まっています。

宮世琉弥さんってなんて読むの?どんな俳優さん?宮世琉弥さんに少しでも興味をお持ちの方に、宮世琉弥さんのことが少しでもわかるようにお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

宮世琉弥の読み方は?

宮世琉弥さん。読み方は、みやせ りゅうびさん。本名ではなく、芸名です。元々【琉弥(りゅうび)】さんで活動していた宮世琉弥さんですが、2019年2月に苗字を公募し、1万件を超える応募があった中から、

出身地である城から、界へ羽ばたけるようにという願いが込められた「宮世琉弥」に改名しました。

琉弥は本名。パッと見「りゅうや」と読んでしまいますよね。琉弥は、三国志が大好きなお父様が、“劉備”がお好きだということから名づけられたそうですよ。

宮世琉弥さんはM!LK(みるく)のメンバーだったの?

そうなんです。宮世琉弥さんはM!LKのメンバーだったんですよ?

(下段の真ん中が宮世琉弥さん)

M!LK(みるく)は、スターダストプロモーション所属の5人組ボーカルダンスユニットで、2014年に結成されました。

M!LK「My Treasure」MUSIC VIDEO

メンバーは、佐野勇斗さん・塩﨑太智さん・吉田仁人さん・曽野舜太さん・山中柔太朗さん(現メンバー)と、卒業した板垣瑞生さんと宮世琉弥さんがいるときのMUSIC VIDEO『My Treasure』です。

この頃の宮世琉弥さんは中学生というから驚きです。とっても爽やかな7人ですよね!

2018年8月にM!LKに加入した宮世琉弥さんですが、2020年1月31日に俳優業に専念する為、M!LKを卒業しました。

スポンサーリンク

宮世琉弥さん、デビューのきっかけ

2004年1月22日生まれの現在(2020年)16歳の宮世琉弥さん。小学1年生の時に出身地である宮城で東日本大震災を体験。津波で乗っていた車が流され・・・という壮絶な経験をしたそうです。その震災が起きてから、少しした頃、復興祭にももいろクローバーZが来て、傷ついた人たちがとても元気をもらって元気が出て、本当にすごいと思ったその矢先、スーパーを歩いているところをスカウトされたんですって!

どこでどんなタイミングが待っているかわかりませんね!

宮世琉弥さん、資生堂シーブリーズ2020イメージキャラクター

「デオ&ウォーター 写真のキョリ」篇 15秒ver.|SEA BREEZE

16歳の宮世琉弥さんが演じる等身大の高校生で、見ててもとても爽やかですよね!

https://twitter.com/miyase_staff/status/1240473217401118720

まとめ

魅力的な演技が話題となっている宮世琉弥さん。みやせりゅうやさん・・・と読んでしまいそうですが、読み方は、『みやせりゅうび』さん。オシャレな名前ですね!

そしてM!LKのメンバーだったとは!俳優業に専念するために卒業した宮世琉弥さんですが、今はとにかく応援してくれている方々の為に「絶対売れてやろう!」という心境で、俳優として成功することに全力を注いでいるようです。

宮世琉弥さんは、Instagramを開設しています。

かっこいいショットがいっぱい見られますよ!要チェックです!

東日本大震災の被災者として、M!LKとして活動し、俳優に専念したいとグループを卒業した宮世琉弥さん。とにかく俳優として成功したい!応援してくれている人の為にも頑張りたい!そんな気持ちが伝わってきたのではないでしょうか。

まだ16歳という若さなのに、多くのドラマ・映画・CM・MVなどに出演されています。これから宮世琉弥さんの快進撃が始まりそうな予感ですね!

そんな宮世琉弥さんから目が離せませんよ!今後の活躍が楽しみですね!

スポンサーリンク